ウェブライターで小遣い稼ぎ

主婦の副業にはライティングもある

時間があれば確実に収入を得られる。

オリジナルの記事をもとめられるので、考える時間を含めると、効率よく稼ぐのは難しいかもしれません。

でも、やった分だけ稼げるのは間違いがありませんので、挑戦する価値はあるのではないでしょうか。

文字単価は私の経験からすると0.2円~0.5円が普通で、10円を超えるものは、より専門的な知識が必要となってきます。
結構大変なのが、オリジナルの記事かどうかを判断するのは、自分で確認しなくてはなりません。

そういった時間を含めてしまうと、時給としては安くなってしまうのです。
ブラインドタッチが必須です。お金を稼ぐのは決して簡単ではないと私は改めて知りました。

私がライターの仕事を見つけたのはネットでした。今はPCが無いとお仕事もまともに探せません。

まともな収入を得るのは確かに、ブラインドタッチや経験値が必要ですが、ライティングのお仕事のメリットは、タイピングが早くなるという点です。

文章を考えるのが好きな人は続けられるかもしれません。パソコン

私の副業仲間のAさんは、月にライターとして10万の収入を得ていますが、結婚前のお仕事でPCを使った業務が多く、経験者だからです。

やってみて、やはり月に3万円稼ぐのにすごい時間をかけていたので、私には向いていなかったです・・

未経験の人がライターに挑戦するのは難しく、自分の知っている記事を書けることが少ないからです。

幅広い知識と文章力、相手に伝える力がないと、指名といったことはなかなかありません。色々な種類の小説を読むことが必須となります。

ライターはなんと言っても文字で伝えるのが仕事ですので、文章の中に表現力が必要になります。
表現力を身につけるには経験が大きく関わりますので、若い人よりも社会人経験がある人のほうが有利かもしれません。
映画や小説、などで得た知識は経験に比べたら到底理解度は浅いです。

PR-今後役に立つ無料情報

  • nativecamp.